ドラマ

ドラゴン桜平手友梨奈の演技が下手と言われる3つの理由

ドラゴン桜平手友梨奈の演技が下手と言われる3つの理由

高視聴率をキープし、春ドラマの中では一番人気となったドラゴン桜。

東大を目指す生徒役の中で、ひと際オーラを放ってるのが「岩崎楓」を演じる平手友梨奈さんです。

平出さんは、映画「響き-HIBIKI-」で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞するなど、演技に定評があります。

ところが、ネットではドラゴン桜を見た人から「平手友梨奈の演技下手」という声が上がってるんです。
そこで、SNSのみんなのコメントをチェックし、下手と言われる理由について調査しました。

スポンサーリンク

ドラゴン桜平手友梨奈が下手というみんなのコメント

ドラゴン桜に出演中の平出友理奈さんが下手というみんなのコメントです。

スポンサーリンク

ドラゴン桜平手友梨奈の演技が下手と言われる3つの理由

SNSのみんなのコメントから、ドラゴン桜の平手友梨奈さんの演技が下手と言われるのは次の3つの理由だと考察しました。

理由1 他の生徒役と比べて演技経験が浅い

他の生徒役の俳優と比べて、平手さんだけ下手という意見が複数ありました。
確かに、東大専科メンバーはすでに実績のある俳優が多いのは事実です。

例えば、細田佳央太(健太けんた役)は、小学校2年の時に芸能界入りし13歳の時に俳優デビューしてます。
また、志田 彩良さんも小学校6年生で芸能界入りし、18歳で映画の主役を務めてます。
加藤清史郎さん(天野晃一郎役)に至っては、なんと1歳で子役デビューしてるんです。

抜群の安定感と演技のテクニックが、平手さんより上手いのは事実でしょう。
毎回、その演技力に思わず引き込まれて見てしまいます!

なお、平手さんに関しては、「岩崎楓」を演じても平手友梨奈にしか見えないという意見もありました。

これは、別の見方をすれば、平手さんには強烈な個性と存在感があるとも考えられます。
なので、どんな役を演じてもその個性がにじみ出てしまうのかもしれません。

なお、インタビューで作品への達成感があるかと聞かれ、平手さんは次のように述べてます。

平手:まったくないです。「達成感を感じたいな」とは毎回思うんですけど(笑)、そう思えないのが事実というか、現実で。周りの方から評価されても、自分では納得できないんです。

引用:Real sound

インタビューから、演技への強いこだわりと向上心があることが分かります。
簡単に自分に満足しない平手さん、演技力もアップし、どんどん進化していくのではないでしょうか?

理由2 前作ドラゴン桜キャストと比較される

前作ドラゴン桜に出演した女子生徒役と比較して「下手」という意見が複数ありました。

前作のメインの女子生徒は、長澤まさみさん、新垣結衣さんなど今や実力派となった女優が揃ってます。

でも、今や大女優となった二人の演技が、16年前にずばぬけて上手だったかと言われると疑問です。
その当時は、この二人でさえ「演技が未熟、下手」と言われることもありました。

人気ドラマの場合、キャストが変わると必ず「前の方がよかった」という意見があります。
なので、平手友梨奈さんの演技の良し悪しというよりも、前作ファンからの意見の可能性が高いということも!

理由3 アンチからの批判

人気の芸能人には必ずアンチがいます。

平手さんも「演技が上達してない」「何で人気なのか分からない」「キモいし、目つき悪い」「勘違いしてる」など色々言われてるのをネットで見かけます。

デビューしてすぐに欅坂46のセンターに抜擢された平手さんに、嫉妬から批判する人は山ほどいるかもしれません。

そんなアンチの人が理由なく「演技が下手」と言っている可能性が考えられそうです。

スポンサーリンク

ドラゴン桜平手友梨奈の演技が下手と言われる3つの理由まとめ

この記事では、ドラゴン桜における、平手友梨奈さんの演技が下手と言われる3つの理由についてご紹介しました。

3つの理由まとめ
  • 他の生徒役として経験が浅い
  • ドラゴン桜前作のキャストと比較される
  • アンチからの批判

ドラゴン桜の回を追うごとに、平手友梨奈さんはどんどん成長しているように見えます。
実際、演技がスゴイという意見が多いのも事実です。

最終回に向けて、平手友梨奈さんの演技がどう変化していくのか見届けたいと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク