VOD

ドラゴン桜動画PandoraやDailymotionで見れるか調査

いよいよ16年ぶりに大人気ドラマ「ドラゴン桜2」がスタートしました!

より楽しむためには、2005年放送の前作「ドラゴン桜 season1」からしっかり見ておきたいものです。
そうなると、ドラゴン桜がPandoraなどの動画サイトで無料配信されてるか気になりますよね!

そこで、「ドラゴン桜」がPandora やDailymotionで視聴できるか調査しました。
もし、PandoraやDailymotionで視聴できなくても、無料で視聴できる方法も解説してるので参考にしてくださいね。

目次
  1. ドラゴン桜の概要(公式情報)
  2. ドラゴン桜がPandoraやdailymotionで見れるか調査
  3. PandoraやDailymotionの危険性について
  4. ドラゴン桜を安全に無料で視聴する方法
  5. ドラゴン桜(season1) ネタバレ
  6. ドラゴン桜(season2) ネタバレ
  7. ドラゴン桜(season1)主要キャスト
  8. ドラゴン桜(season2)主要キャスト
  9. ドラゴン桜視聴率一覧
  10. ドラゴン桜動画PandoraやDailymotionで見れるか調査のまとめ

ドラゴン桜の概要(公式情報)

・ドラゴン桜 season2

放送チャンネル TBS(日曜劇場)
放送期間 2021年4月~
プロデューサー 飯田和孝、黎 景怡
演出 福澤克雄、石井康晴、青山貴洋
全話数 未定
原作 三田紀房
キャスト 桜木建二: 阿部寛/水野直美:長澤まさみ/瀬戸輝 :髙橋海人(King & Prince)
早瀬菜緒:南沙良/岩崎楓:平手友梨奈/天野晃一郎:加藤清史郎/藤井遼:鈴鹿央士/小杉麻里:志田彩良/原健太:細田佳央太/小橋:西山潤/岩井:西垣匠/清野利恵:吉田美月喜/石渡:齋藤瑠希
/大山将大:内村遥/田村梨江子:山田キヌヲ/辻圭輔:ケン(水玉れっぷう隊)/体育教師・鶴ヶ﨑:鶴ヶ﨑好昭
/岩崎明人:駿河太郎/岩崎裕子:馬渕英里何/瀬戸玲:大幡しえり/天野裕太:深田竜生(少年忍者/ジャニーズJr.)
/坂本智之:林遣都
/米山圭太:佐野勇斗/岸本香:早霧せいな/奥田義明:山崎銀之丞/龍野恭二郎:木場勝己/龍野久美子:江口のりこ/高原浩之:及川光博
外部リンク

ドラゴン桜がPandoraやdailymotionで見れるか調査

PandoraやDailymotionなどでドラゴン桜が見れるか検索して調査しました。
(2021年5月時点)

Pandoraの検索結果

>>PandoraTV

ドラゴン桜(Season1)の動画が一部見つかりました。

見つかった動画:pandora 1話、pandora 2話、pandora 3話、pandora 4話

Dailymotionの検索結果

>>Dailymotion

Dailymotionではドラゴン桜(Season2)の動画が一部見つかりました。

見つかった動画:1話、2話、3話

Youtubeの検索結果

>>youtube

youtubeではドラゴン桜(Season2)の動画が一部見つかりました。

見つかった動画:3話 ※画像や音声が加工されてます

Tverの検索結果

>>Tver

ドラゴン桜(Seazon2)の最新話のみ見つかりました。

Gyao!の検索結果

>>GYAO!

ドラゴン桜(Seazon2)の最新話のみ見つかりました。

ご覧のとおり、ドラゴン桜を全話無料で見れるサイトはありませんでした。
なお、今後、Pandoraなどの動画配信サイトで、無料動画がアップされる可能性もありますがおすすめできません。
なぜなら、PandoraやDailymotionなどでの視聴はある危険を伴うからです。

PandoraやDailymotionの危険性について

PandoraやDailymotionはどちらも、ドラマ、映画などの動画がタダで視聴できる動画共有サイトです。
サイト自体は正しく運営されていますが、動画によってはウィルス感染の危険性があるんです。
例えば、ネットではこんなウィルス被害の声がたくさん上がってます。

よくあるのが、Pandoraサイト内の外部リンクをクリックして感染するパターンです。
クリックするとウィルス感染の警告画面が表示されたりします。

ウイルスに感染した場合、次のような危険性があるんです。

  • 個人情報やクレジットカード情報が盗まれる。
  • 遠隔操作される。

違法ダウンロードで刑罰を受ける場合あり

もしも、PandoraやDailymotionでドラゴン桜の本編が見れる場合、その動画は全て「違法動画」です。

「違法動画」とは、テレビ番組を動画投稿サイト等へ許諾無くアップロードして公開したものです。
また、その違法動画をダウンロードしても違法になり罰則を受ける場合もあるんです。

具体的には、私的使用の目的であっても、有償著作物等の場合には、著作権又は著作隣接権を侵害する自動公衆送信を受信して行うデジタル方式の録音又は録画を、自らその事実を知りながら行って著作権又は著作隣接権を侵害した者は、2 年以下の懲役若しくは 200 万円以下の罰金に処し、又はこれを併科することとされています(平成 24 年 10 月 1 日施行)。

引用:文化庁

このように、ネット配信やCD、DVD、ブルーレイで販売されてる映像を、違法と分かっていてダウンロードすると、刑事罰の対象になります。

じゃあ、「知らずにダウンロードした場合OK?」と思いますが、罰せられない保証はありません。

違法ダウンロード、違法アップロードについて、次のサイトで詳しく解説してます。
併せてご覧ください。

また、PandoraTVの動画はやたらと広告が多く画質も低いです。
見ていてイラっとするくらい広告が入るんですよね。

このように、ウィルス感染の危険性があったり動画品質が悪かったりするので、PandoraやDailymotionで動画は観るのはおすすめできません。

ドラゴン桜を安全に無料で視聴する方法

PandoraやDailymotionを使わず、安全に視聴できる方法は、公式の動画配信サービスを利用することです。

公式の動画配信サービスを利用すれば「ドラゴン桜」のが無料で全部見れるんです。
詳しい内容は、こちらのボタンからご覧いただけます。

>>ドラゴン桜のドラマを無料で見る方法

早く見たい方はぜひお読みください。

ドラゴン桜(season1) ネタバレ

ドラゴン桜(season1)のネタバレをご紹介します。

第1話のネタバレはここをクリックしてください

満開の桜の中、新学期がスタートした龍山高校に向かう眼光鋭い男がいた。
男の名前は桜木建二(阿部寛)。

その途中、龍山高校の生徒、矢島勇介(山下智久)がチンピラに暴力をふるわれていたので、桜木は道を尋ねて止めに入った。
チンピラたちは桜木の旨の弁護士バッジを見て、立ち去っていく。

龍山高校に到着後、桜木は理事長(野際洋子)に挨拶する。
弁護士である桜木の目的は、経営が行き詰った龍山高校の清算手続きだった。

不安にざわつく教師たち。
英語教師・井野真々子(長谷川京子)は、桜木の暴走族だった犯罪歴を週刊誌を通して知っており、桜木に猛反発する。

週刊誌の影響で弁護士の仕事が激減した桜木は、学校法人の精算により、弁護士事務所の立て直しを考えていた。

一方、龍山高校の生徒にも問題があった。
高校卒業後、大学進学に力を入れる生徒は少数で、大学進学率が極めて低い。
例えば、生徒たちは次のような状況だった。

水野直美(長澤まさみ)は家が母子家庭のため、卒業後の進路は家の飲み屋と決まっていた。

緒方英喜(小池徹平)は金持ち息子だが、レベルの低い龍山高校を否定する父親と不仲で成績も良くない。

奥野一郎(中尾明慶)は、レベルの高い高校に通う弟からバカにされても、向上心もなくのんきに過ごしている。

チンピラに絡まれていた矢島勇介は、父親が借金をしたまま蒸発し、高校を退学して働こうとしていた。

そんな中、桜木は債権者説明会で龍山高校の経営を改善し再建する案を提案する。
その案というのが、特別進学クラスを作り、今年度に東大合格者を5人出すという突飛なものだった。
あっけにとられる債権者たち。

翌日、体育館で臨時の集会が開かれ、生徒たちの前で特別進学クラスの開設が発表される。
桜木は生徒たちに「一生負け続けるのか」と挑発する。

猛反発する矢島勇介に対し、「東大を出れば人生180度変わる、ルールを作る側に回れ」と強く言い放った。

ドラゴン桜(season1)みんなの感想

ドラゴン桜を視聴して印象的であったものは「阿部寛演じる桜木弁護士の強烈キャラ」と「いろいろ役に立ちそうな勉強方法」の2点です。
阿部寛演じる桜木弁護士はとにかくセリフがインパクト大だなあと私は思いました。「バカとブスほど東大に行け!」はあまりにも強烈なセリフで私は最初ビックリしましたね。ほかにも弁護士らしからぬ発言が出ますがそれが山下智久演じる矢島や長澤まさみ演じる水野などを鼓舞していくのですからすごいなあと私は思いました。
また「メモリーツリー」や「スクラム勉強法」「英作文は減点法」「東大は理科Ⅰ類が狙い目」など「へえ!なるほど!」と納得させられるような勉強法や入試攻略のポイントなどいろいろ感心させられっぱなしでしたね。
えに(男性・41歳)
青春ドラマ、熱血教師という言葉だけでは表すことのできない、見所満載のドラマです。
舞台は高校受験ですが、それまでに生徒ひとりひとりのさまざまな家庭の事情や考え方、生い立ちなどについても描かれていて、その環境や問題にも親身になり、綺麗事ではなく正論を生徒にぶつけていく姿に毎週感動します。
こんなのテレビの中だけの話じゃないの?と思うドラマではなく、自分の回りや身近にもありそうなことが多く、とても共感できます。
今では有名な芸能人たちの若いときの演技をみることができるのもちょっとした楽しみでもあります。
いまの世の中だからこそ、このドラマをみて少しでも元気や勇気、やる気を出すことがてきるかと思えるようなドラマです。
ちょこ(女性・24歳)
2005年放送の「ドラゴン桜」に関しては、原作の漫画を読んだことがあり、かつ自身が当時高校2年生だったため、非常に興味深く見ることができたと思います。
特に印象的だったのは阿部寛さん演じる主人公の桜木建二の性格であり、かなり珍しいと言えるくらいにきれいごとを一切言わない、現実の話しかない人物だったのです。
ただ、だからこそ合理的な戦略を練ることができ、それによって生徒らの学力を高めていくことができたんじゃないか?と思っていますが。
一般的に言えば、あまり好かれるような性格ではない桜木に関しては、このドラマのかなりのみどころ部分になるでしょう。
最初からずっとこの性格を貫き通していくため、そこに注目をすると面白く感じられると言えます。
電気イルカ(男性・33歳)
主演の桜木建二を演じる阿部寛さんは大柄でイケメン、態度は乱暴ですが、とてもカリスマ性の高い人物を見事に演じていました。
普通、教師が生徒に対して言うのは夢をあきらめるなとか、自分に合った進路を決めろとか、耳あたりはいいですがその実いまいち現実味に欠ける捉えどころのないことばかりですが、桜木はその正反対と言ってもいい、超現実的で即物的とも言える考え。
大学進学すら考えていなかったような落ちこぼれ達にズバリ「東大へ行け」と言うのが斬新で、インパクトがありました。
それもただの絵空事やハッタリなどではなく非常に論理的な考え方に基づくもので、教える内容も実践的。
見ているほうもちょっと東大を目指してみたくなるような、中身のない綺麗事を結果で蹴散らかしていくような爽快さでした。
そして生徒役も長澤まさみ、山下智久、新垣結衣と、今あらためて考えてみると錚々たる顔ぶれ。
ある意味で勉強だけでなくキャスティングでも先見の明があったドラマだと思います。
ライラ(男性・35歳)
主人公桜木のキャラが濃くて、そこが面白かったです。
元暴走族だからありがちな熱血教師でもなく、突拍子も無いこと言ってくるため見ていて本当に飽きませんでした。毎回次はどう来るの?と楽しみにしたくなる感じなんです。
素行は悪そうでも頭はものすごく良くて、言っていることは的確。
だからこそびっくりさせられるようなことでも、なるほどと納得できちゃって色々と勉強になりました。
問題の生徒たちは個性あふれる面々なんですけど、見ていて不快になる子は一人もいませんでした。
どの子にも共感できたし、頑張ってほしいなって普通に応援しながら見れました。キャストは本当に豪華というか、俳優さんも女優さんも美男美女揃い。
ここまで絵面がキレイなのってそうないなと思いますね。
ゆうな(女性・36歳)
若い頃暴走族のトップをしていたというヤンチャな役を演じる阿部寛さんですが、生徒を東大に合格させる為に生徒をその気にさせるというあり得ない教師役が素晴らしくて、こんな先生がいたら、生徒のやる気が上がったり、学力が伸びるんだろうなと思いました。
また、生徒があまりにも豪華で、今ではベテラン女優として活躍している長澤まさみさん、新垣結衣さんや、紗栄子さんが出演しており、その可愛さや、演技力も見どころです。
さらに、山下智久さん、小池徹平さん、中尾明慶さんも東大を目指す学生役で出演しており、カッコ良い姿や、それぞれの演技も見どころです。
友情の大切さや、若い頃の恋愛模様に加え、目標を持って頑張る大切さを教えてくれるドラマです。
hiro1019(女性・60歳)
「ドラゴン桜」では、阿部寛さん演じる桜木先生の活躍があり、感動を与えてくれるドラマでした。
桜木先生の熱意ある指導を受けることで、落ちこぼれの生徒たちが勉強に目覚めて一生懸命に勉強している姿が、素晴らしく感じられました。
生徒たちが中々、成績が伸びない中でも負けずに諦める事なく東大を受験に挑むところが見どころです。
桜木先生が、大学受験以外で社会に出てから大切なことも伝えていたシーンがとても良かったです。

私は、大学受験をしている時に「ドラゴン桜」を観ることで受験を頑張り通すことができました。
ドラマでは、最後まで諦めず頑張ることの大切さが伝わってきました。
大学受験や難関試験の勉強を頑張っている方には、ぜひ観て頂きたいドラマになります。
ルータ(男性・33歳)

「バカとブスこそ東大に行け!」という台詞はインパクトがあって良かったです。
原作の漫画がしっかりと練られたストーリーだったので、ドラマはそこをギュッと凝縮したような内容になっていて楽しめました。
主演の阿部寛は主人公桜木と同じく口ひげをはやし、雰囲気も桜木に似せてきており、とても良いキャスティングだったと思います。
そのほか、井野先生を演じた長谷川京子もとても若々しく、桜木に反発しながらも生徒を思い、頑張る教師役を熱演していました。
そして生徒役を演じた山下智久さんや長澤まさみさんもとても若さあふれる演技でとても好感が持てます。
最後、生徒の誰が東大に受かるかは見てのお楽しみですが、結末までとても楽しめる内容になっています。
モモカリン(男性・48歳)
普通の学園ドラマのように教師という立場で生徒と接していくのとは違い、阿弁護士の桜木があくまでも高校の再建のために東大合格者を出そうとしながら勉強だけではなく生きていく上での大切なことを教えていく姿がとても良く、人生経験豊富な桜木の説得力のあるセリフは心に響きます。
特別進学クラスの生徒達が山下智久さんや長澤まさみさんや新垣結衣さんなど今では主演級の豪華なキャスティングで何度見ても楽しめる作品です。
また、実際に大学入試の勉強に役立つような様々な方法が紹介されているのも面白く、それぞれの家庭の事情など人間ドラマも描かれていて最後まで見どころ満載でした。
ありー(女性・33歳)
原作を読んでいたので、主人公桜木を見た目にも寄せた阿部寛さんの演技がとても良かったです。
この人の言うことを信じて頑張ってみようかなと思わせてくれる迫力がありました。また、生徒役の俳優陣もいま振り返ると、とても豪華だったと思います。
長澤まさみさん、山下智久さん、新垣結衣さん、紗栄子さん、中尾明慶さんとみんながいまも最前線で活躍されているのが凄いと思います。
当時、みな10代の頃だったと思いますが、みなそれぞれが存在感のある演技をしており、やはり今も活躍している人たちだと納得でした。
ストーリーも原作のマンガに基本忠実に作られていましたが、勉強のノウハウは原作より少なく、どちらかというと生徒たちの気持ちの変化とかを中心に描いており、ドラマとしてはうまく作られていたのではないかと思います。
ニューヨーク(男性・48歳)
改めて観ると、役者さんたちがとても豪華です!
阿部寛さん扮する弁護士兼担任の桜木先生は、言葉遣いはぶっきらぼうだけどいつも核心を突いた言葉を言うので私にもいつも突き刺さります。
そしてなんといっても、特進クラスの男女6人仲が良くて励ましあったり、協力し合ったり、場を盛り上げたりして、ほんと仲間っていいなぁと感じる場面がたくさんあります。
それぞれ個性は違うけど、どの人もみんな魅力的!
勉強漬けではあるけれど、青春時代の大事な仲間を手に入れることができるってやっぱり大きいことですよね。
勉強方法はどの教科も参考になることばかりです。
こんな風に楽しく学べる環境があったらよかったのに・・・と羨ましく思う反面、
とても参考になるので、いずれ子供の役に立つように親御さんが観るのもアリだと思います。
ドラマとして観るだけでなく、勉強のヒントとして観るのもおすすめです。
クリスタル・グリーン(女性・43歳)
見どころは現在は有名俳優になっている方々の初々しい演技と実生活に役立つテクニックの数々です。
生徒役で出ている俳優さんたちは、長澤まさみさん、山下智久さん、小池徹平さん、新垣結衣さんと今ではそれぞれが主役を張ることが出来るくらいに有名になった人たちが名を連ねています。
ドラマとして面白いだけでなく、受験勉強や試験で使うことが出来るテクニックがたくさん散りばめられているので、いずれ大学進学を考えている学生の方々に是非見て欲しい作品になっています。
フチコ(男性・36歳)
今思うと、現代では実現不可能な豪華な俳優陣だったんだなあとつくづく感じます。
阿部寛さんをはじめ、主役級の演者さんが数多く出演しています。
今だと制作費の関係で当時の演者さんを集めるのは絶対無理だと思います。
そしてその不可能を可能にし、漫画の魅力的なキャラクターたちとスカッとするストーリー性の面白さを視聴者に伝えんとする制作陣の熱量を感じることが出来る作品です。

ただもったいないなあと思ったのは、日本ドラマ特有の表現方法や演技理論が、本作品にかみ合ってなかったと感じた点です。
しかしそれらを差し引いても毎週訪れる放送時間が楽しく待ち遠しいドラマでもありました。現在、長い時を経て続編が放送されていますが、こちらも最後まで引き込まれる魅力ある作品か、そして長い時を経て、当時はすごい作品だったんだと感じさせてくれるものになるか楽しみです。
明慶(男性・44歳)

元暴走族の経歴を持つ弁護士の桜木がどのように龍山高校を再建して行くのかとても注目して視聴していました。
我が家の子供達が高校生役の俳優と同年代だったので余計に注目していました。
桜木が生徒達の家庭の事情や何に熱中したら良いのかわからない生徒達を上手く東大受験に導いて行く姿に統率力の高さを感じました。
東大を受験する生徒達がライバルというより体育会系の部活を共に頑張っている仲間のように見えました。
受験勉強のやり方も異質でこんな方法で成績が上がっていくのかと思いましたが皆が集中力が上がっているのは納得できました。
今をときめく俳優の新人時代の初々しい姿を見られたのも得した気分です。
東大受験後の合否は自分の子供が受験したかのような緊張感でドキドキしました。
ココ(女性・59歳)

ドラゴン桜(season2) ネタバレ

ドラゴン桜(season2)のネタバレをご紹介します。

第1話のネタバレはここをクリックしてください

生徒の定員割れが続き、経営破綻寸前の龍海学園。
教頭の高原(及川光博)は過去に龍山高校を再建した弁護士の桜木(阿部寛)に学園の再建を託すことを理事長の龍野久美子(江口のりこ)に提案する。
そこに桜木の元教え子で弁護士の水野(長澤まさみ)が登場するも、久美子は桜木が行方不明であることを知り、その提案を突っぱねるのであった。

水野は2年ぶりに桜木を見つけだして龍海学園の再建を手伝って欲しいと依頼する。
滞納していた家賃の肩代わりなどを条件に桜木はしぶしぶ引き受ける。
高原の再建案は定例理事会で承認されるも、前理事長は1年で5人の東大合格者を出せなければ高原をクビに、逆に5人合格したら久美子が理事長をやめろと言い放つ。

生徒の楓(平手友梨奈)はコンビニで万引きしたところを同級生の瀬戸(髙橋海人)に指摘され、その話を桜木にも聞かれてしまう。

その後、龍海学園の始業式で、水野は生徒たちに東大専科の設立について話すが、生徒は全く興味のない様子。代わって挨拶に立った桜木は『東大には行くな』お前らに東大に行く価値はない』と言うのだった。
桜木はバトミントンで全国トップレベルの楓に対しても『お前には東大は無理だ』と言い、楓も『東大は嫌いだ』と言い返す。
しかし、楓は万引きしたことを知っている桜木の存在を恐れていた。

一方、水野は東大専科に入ってくれる優秀な生徒の藤井(鈴鹿央士)と小杉(志田彩良)に声をかけるが、断られる。
しかし、小橋(西山潤)と岩井(西垣匠)という不良生徒2人が東大専科に入りたいとやって来る。

そして桜木の元には天野(加藤清史郎)という生徒が相談に来ていた。
しかし、桜木は天野に『泳げるか?』と確認すると、なんと、天野を海に投げ飛ばしてしまう。

その夜、水野は後輩の坂本(林遣都)と龍山高校の同級生小林(紗栄子)と2年前の桜木が失踪した事件を話していた。
教育コンサルタントとして8人中7人の東大合格者を出した桜木であったが、不合格だった米山(佐野勇斗)という生徒が桜木の前でナイフで自殺未遂を図ってしまう。
その事件がマスコミに取り上げられ、桜木の評判は奈落の底に落ち、失踪したのだった。

翌日、水野は小橋と岩井から、周りを見返すために髪を剃ってほしいと言われ、2人の髪を剃る。
しかしなぜかその映像がハラスメント教師と題されネットに投稿される。
さらに桜木が天野を突き落とす瞬間も同じくネットに投稿されてしまう。

これらは小橋と岩井の仕業であったが、さらに悪ふざけをする2人についに桜木はキレて、バイクで2人を校内まで追いかけ回し、鉄パイプを振り下ろす。
その恐怖から小橋は失禁してしまう。桜木は『世の中をなめんな!』と一喝し、2人は桜木と水野に土下座するのだった。
また天野は桜木が一緒に海に飛び込んでくれたと話し、東大専科で桜木から学びたいと話す。

小橋と岩井の行動の裏には、瀬戸の指示があった。
桜木は楓が万引きしたコンビニを訪れ、防犯カメラを見せてくれと依頼する。

そして坂本のところに米山が訪れ、桜木が復活したことについて意味ありげに微笑み、「あいつだけはぶっ潰す」と語りあった。

ドラゴン桜(season1)主要キャスト

ドラゴン桜(season1)の主要キャストをご紹介します。

桜木健二さくらぎけんじ(阿部寛)

◆役柄◆
元暴走族で弁護士という異色の経歴を持つ主人公。
警察に逮捕されたことがきっかけで真っ当な人間になり、真面目に勉強して東大に合格。
しかし、東大には入学せず弁護士になり、桜木法律事務所の所長を務めている。

◆現在の活動◆
ドラゴン桜 seazon1でドラマアカデミー賞主演男優賞を獲得。
その後「下町ロケット」「テルマエ・ロマエ」など大ヒット作に出演。
男女・年齢を問わない人気で、日本を代表する俳優の一人。

井野真々子いのままこ(長谷川京子)

◆役柄◆
世界史の教師。本来は英語教師だったが、桜木との賭けに負けて世界史の教師になった。最初、桜木の教え方に反発していたが、次第に生徒たちを応援するようになる。

◆現在の活動◆
ドラゴン桜出演の翌年、「おいしいプロポーズ」で連ドラ初主演となる。
その後、グータンヌーボーなどバラエティにも進出。
2008年に「ポルノグラフィティ」のギタリスト・新藤晴一と結婚し、2児の母になる。

矢島勇介やじま ゆうすけ(山下智久)


◆役柄◆
龍山高校3年生。鉄工所を経営してる父親が多額の借金をして蒸発。
母親と二人暮らし。借金返済のため、桜木に300万出資してもらってる。
東大理科一類に合格するも入学はせず、桜木と同じく独学で弁護士を目指す。

◆現在の活動◆
「NEWS」のメンバーだったがジャニーズ事務所を退社。
2011年からソロで様々な活動をしている。
「山P」の愛称で知られ、女性に圧倒的な人気がある。

水野直美みずの なおみ(長澤まさみ)


◆役柄◆
龍山高校3年生。小料理屋を営む母親と二人暮らし。矢島勇介とは幼なじみの間柄。
男関係にだらしない母親を軽蔑していたが、特進クラスに入ってから母親と和解する。
東大一次試験に受かるが、母親が病気で倒れ二次試験は断念する。
その後一浪の末、東大に合格する。

◆現在の活動◆
「涙そうそう」「モテキ」など数多くのドラマ、映画に出演。
「世界の中心で愛をさけぶ」のヒロインを演じ、第28回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞など数多くの賞を受賞。
最近では話題のドラマ「コンフィデンスマンJP」に主演。

香坂よしのこうさか よしの(新垣結衣)


◆役柄◆
龍山高校3年生。コギャル風の外見で、矢島勇介の彼女。
東大を目指す矢島と一緒にいたい一心で、東大を志望する。
不良のレディース組とつるんだ時期もあるが、結果的に東大理科一類に合格。
矢島は東大に行かないが、もっと色々と知りたいということから、東大に進学する。

◆現在の活動◆
2016年星野源と「逃げるは恥だが役に立つ」のヒロインとして共演。
恋ダンスが話題になった。
2022年放送予定の「鎌倉殿の13人」(NHK)では、大河ドラマ初出演が予定されている。

緒方英喜おがた ひでき(小池徹平)


◆役柄◆
龍山高校3年生。矢島勇介のバンド仲間。やんちゃな性格で女好き。
裕福な家庭に育つが、厳しい父親を見返すために東大受験を決意する。
結果的に東大受験は不合格になるが、その後も東大を目指すことになり、父親とも和解できた。

◆小池徹平の現在の活動
ウエンツ瑛士と「WaT」を結成し、紅白歌合戦に出るほどの人気デュオとなるが、ソロ活動に力を入れるため解散。
その後数々のドラマに出演。最近では「大河ドラマ 青天を衝け(2021年、NHK)」で橋本左内を演じている。

奥野一郎おくの いちろう(中尾明慶)


◆役柄◆
龍山高校3年生。二卵性双生児の双子の弟がいる。
前向きでまじめな性格、龍山高校の中では珍しくきちんと授業を受けている。
東大を目指す弟にいつもバカにされており、弟を見返すために東大受験を決意する。
弟の妨害を受けるが、最終的に東大理科一類に合格、東大に入学する。

◆中尾明慶の現在の活動◆
2013年に「時をかける少女」で共演した女優・仲里依紗と結婚、一児のパパとなる。
理想の夫婦として若い世代から支持されている。
話題作「天国と地獄」に 九十九聖役で出演。

小林麻紀こばやし まき(サエコ)


◆役柄◆
龍山高校3年生。コギャル風の外見でアイドル志望だが、現役東大生の肩書を持ちたいと思ってる。英語が得意。

◆現在の活動◆
2007年にダルビッシュ有と結婚し、2児の母となるが2012年に離婚。
雑誌「Sweet」のレギュラーモデルを8年半務める。
2020年栃木県那須にある「那須ファームヴィレッジ」の経営者として活動開始。

ドラゴン桜(season2)主要キャスト

ドラゴン桜(season2)の主要キャストをご紹介します。

桜木健二さくらぎけんじ(阿部寛)


◆役柄◆
season1から引き続き阿部寛が桜木を演じる
2年前、教え子の自殺未遂によりマスコミ沙汰になったことが原因で弁護士事務所を閉じる。
福井県で放浪してたところを水野に説得され復活、水野と共に龍海たつみ学園の再建に挑む。

水野直美みずの なおみ(長澤まさみ)


◆役柄◆
season1から引き続き長澤まさみが水野を演じる。
前シリーズの桜木の教え子。
一浪して東大に入り、その後弁護士となり桜木法律事務所で働く。
その後、独立して事務所を設立するが経営が行き詰り、「龍海学園」から東大合格者5名出す条件で再建を引き受ける。

岸本香きしもとかおり(早霧せいな)

◆役柄◆
桜木法律事務所でNo.2の実力の弁護士で、桜木が最も信頼する人物。
桜木失踪後は、顧客を引き取って個人事務所を開設する。
◆早霧せいな現在の活動◆
本宝塚・雪組のトップスターで2017年に退団。2018年に舞台「るろうに剣心」で主演。
ドラゴン桜が初のドラマレギュラー出演となった。

龍野久美子たつのくみこ(江口のりこ)

◆役柄◆
龍海学園の現理事長。経営危機に陥っても、自分のやり方に絶対の自信があり、桜木らに反発し、学園から追いやろうとする。
前理事長の父親との間に確執がある。

◆江口のりこの現在の活動◆
「半沢直樹」で白井大臣役を務める。
あらゆるテレビドラマに出演し、2021年最新作「ソロ活女子のススメ」では主人公・五月女恵役を演じる。
柄本明率いる劇団東京乾電池に所属。

坂本智之さかもとともゆき(林遣都)


◆役柄◆
AIアプリ開発会社『FALCON GATE(ファルコンゲート)』の社長。
龍山高校時代は水野の一年後輩で、東大の同級生。
水野から桜木の調査を依頼され、居場所を探し当てた。
米山圭太と共に、誰かをたたき潰すことを企てている。

◆林遣都の現在の活動◆
ドラマ「おっさんずラブ」では牧凌太役を好演し大ブレイク。
様々なドラマ作品に出演する実力派俳優。
2020年には「教場」や「姉ちゃんの恋人」などの話題作に出演。

米山圭太よねやまけいた(佐野勇斗)

◆役柄◆
桜木が教えてた生徒。2年前東大不合格を苦にして自殺未遂をはかり、桜木はこれが原因で放浪することになる。
二浪して東大に入り、現在は坂本智之の会社に勤務する。
桜木と2年ぶりに再会し自殺未遂の件を謝罪するが、坂元と共に、誰かをたたき潰そうと企ててる。

◆佐野勇斗の現在の活動◆
5人組のボーカルユニットMiLKミルクのメンバー。
「青夏 きみに恋した30日」「小さな恋のうた」では主演を務める。
日曜劇場には初めての出演となる。

瀬戸輝せとあきら(髙橋海人(King & Prince))

◆役柄◆
ラーメン屋「瀬戸屋」の息子。両親を亡くしてから姉と二人暮らしで放課後に手伝う。
赴任してきた桜木を窮地に追い込むため、小橋と岩井に妨害行為をさせる。
行きがかり上、桜木の東大専科に入ることになる。

◆高橋海人の現在の活動◆
人気ジャーニーズグループKing&Princeのメンバー。
2020年に「姉ちゃんの恋人」に安達和輝 役で出演。
TBSドラマは初出演となる。

岩崎楓いわさきかえで(平手友梨奈)

◆役柄◆
大学からスカウトが来るほどの実力あるバドミントン選手。
膝の不調のため、医者からリハビリに2年必要だと知らされる。
東大でスポーツ医学を学びたい動機から、東大専科に志願する。

◆平手友梨奈の現在の活動◆
欅坂46の元メンバーでセンターを務める。
2018年の初主演作「響-HIBIKI」で日本アカデミー賞新人杯優勝を受賞した。
欅坂46のドラマ以外では、ドラゴン桜2がゴールデンタイムのドラマ初出演となる。

天野晃一郎あまのこういちろう(加藤清史郎)

◆役柄◆
優秀な弟に常に劣等感を抱く。
東大専科に参加希望を言い出せなかったところ、桜木から「飛び込んでみろ」と言われ、弟を見返すために参加する。

◆加藤清史郎の現在の活動◆
映画「忍たま乱太郎」では主演を務める。
また、2021年テレビドラマ「モコミ〜彼女ちょっとヘンだけど〜」に出演。

藤井遼ふじいりょう(鈴鹿央士)

◆役柄◆
学年トップの成績の生徒。
高校入試時にインフルエンザにかかり、第一志望校を辞退して龍海に入学。
他の生徒を見下し、東大専科への参加も拒否する。

◆鈴鹿央士の現在の活動◆
「蜜蜂と遠雷」での演技で日本アカデミー賞をはじめとした各種賞を総なめにした実力派。
広瀬すずがスカウトした俳優としても有名。
他に映画「ホリミヤ」や「星空のむこうの国」で主演を務めている。

小杉麻里こすぎまり(志田彩良)

◆役柄◆
文系トップの成績の優秀な生徒。
東大専科に勧誘されるも、就職希望のため参加を断る。
同級生や先生と距離があり、唯一、原健太と仲が良い。

◆志田彩良の現在の活動◆
2017年「ひかりのたび」で映画初主演。
ドラマ「ゆるキャン」ではメインキャストを務める。
ネクストブレイク女優と言われる。

原健太はらけんた(細田佳央太)

◆役柄◆
昆虫を愛する優しい生徒。
問題を抱えており、他の生徒から孤立してる。
雨が降る時間をピタリと当てるなど、特殊な能力を持つ。

◆細田佳央太の現在の活動◆
2019年公開映画「町田くんの世界」で1000人以上の中からオーディションで選ばれ、映画初主演作となった。
他にも映画「花束みたいな恋をした」や2021年のドラマ「ラブファントム」「イチケイのカラス」など複数の作品に参加する。

早瀬菜緒はやせなお(南沙良)

◆役柄◆
何かに打ち込むなど、頑張った経験がないイマドキの女の子。
同級生の岩崎楓がバドミントンに打ち込む姿を見て、「何かがんばってみたい」と思うように。
その後、東大専科に参加することになる。

◆南沙良の現在の活動◆
2019年に放送のテレビドラマ「ココア」での初主演を務める。
また、2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に出演予定。
ドラゴン桜は初の民放連続ドラマとなる。

ドラゴン桜視聴率一覧

ドラゴン桜の視聴率の推移を、season1とseazon2で比較しました。

Season1 Season2
全話平均視聴率 16.4% 13.8%
01話 17.5% 14.8%
02話 16.5% 13.9%
03話 13.8% 12.6%
04話 16.1%
05話 16.8%
06話 17.9%
07話 15.6%
08話 17.0%
09話 14.5%
10話 20.3%

ドラゴン桜 season1の視聴率はずっと2桁をキープ、最終話はなんと20%超えの大ヒットとなり、社会現象と言われました。

なので、ドラゴン桜Season2の制作スタッフは、人気を落とさないためにも、相当気合を入れて作ったんじゃないでしょうか!
その甲斐あってか、Season2の視聴率も平均視聴率が13.8%と好調をキープしてます。
特に、第1話目の個人視聴率は、今期スタートの民放ドラマでは1位となりました。
(※個人視聴率=何人見ていたか人単位で計測)

Season2は「半沢ドラゴン桜」などと言われ、1話目のライトな作りとは全く違う熱いドラマ仕立てになってます。
そのため、「違和感がある」などの批判が多い一方、「ドラマティックで面白い!」など、賛否両論に分かれるようです。

Season2の視聴率にどう影響していくか、最終話まで動向をお伝えしていきます。

ドラゴン桜動画PandoraやDailymotionで見れるか調査のまとめ

この記事では、Pandoraやdailymotionなどで「ドラゴン桜」の動画が見れるかについてご紹介しました。

これらの無料動画サイトでは、一部の動画しか見れないことが分かりました。
また、たとえ見れたとしても、ウィルス感染の危険性があるのでおすすめできません。

安心して「ドラゴン桜」を楽しむためには、ぜひ、公式の動画配信サービスの利用をご検討ください!