Painter 野嶋奈央子 Naoko Nojima Blog > 2019 > 1月

1月, 2019


2
1月 19

目標もなく描く

新年があけました。昨年は特に発表の機会を設けない一年でした。

毎日仕事に明け暮れる生活の中で絵を描き続けることは難しいけれど、ふと描きたくなる瞬間が多かった年でもありました。展示を決めてそれに向けて描くタイプなので、発表の予定がないのに日常的に描くということが実は今まであまりなかったのです。

目標なく描くと、意外な発見が多かったりします。意図しない気づきや、逆方向に行ったおかげで現行が間違いではなかったという確信にたどり着けたりもしたので良いきっかけにもなりました。

以前はそこまで美術展に足を運ぶタイプでもなかったけど、近年は何を探すように音楽のライブや美術展にも行くことも増えました。なんというか油断すると日常生活に埋もれてしまいそうになる感性を奮い立たせるように仕向けるというか、おかげでなのか返って自分に響くことを見つけて感動する感覚も大きくなったような気もします。

最近は電子マネー化が進んで手でお金を数えたり目に見えてお金が減っていくことを感じられないことに少し怖さを感じつつ、便利にはかなわないなぁとも思ったりします。昔のバイト先で、世の中振り込みが主流なのに給料袋でもらっていた時期があって私にはその給料袋を手に取る瞬間の手応えがすごく良かったり。デジタル表記の時計より文字盤の方が時間を感じられたり。私の性格がひねくれているせいで時代と逆行したいだけなのか、アナログ世代が染み付いているのか、なんとなく体感的に感じられないものが苦手なのかもしれません。

そういった電子化や、断捨離や終活といった捨てることや身軽になることがブームの中、やっぱりまだまだしつこく手応えを求める生活をしたいと思うこの頃です。自分にまとわりつく重みを感じられるモノ達をずるずる引きずりながら歩き続ける体力をまだ失いたくないという感じです。

まだ昨年のような発表の機会もなく目標など定めずに描きたい気持ちもあるんだけど、そろそろまた個展でもしようかなというのが今年の気分。さてどうしようか。

そんなわけで今年は実りある制作活動をしたいところです。

このページのTOPへ