トップページ > Painter 野嶋奈央子 Naoko Nojima Blog > 日常ノ事 > 公開イイワケ

公開イイワケ

私はネット中心の生活をしている。SNSも好きで用途に合わせて使い分けをしてどれも楽しんではいるけど、Facebookでは時々気になる投稿もあったりして苦手なものが混ざってくる。

それでも距離を置いて眺めていると発見もあったりするもんで。(嫌いなものほど気づくことは多かったりするもの。)Facebookで感じる私のモヤモヤの原因は、FB特融の架空ぶりでも過剰ぶりでもなく、甘える人たちだと気づいた。

FBでは自分を正当化する言い訳風の書き込みを時々見かける。簡単に言うと、ちょっとさぼってしまったりうまくいかないときに「自分はがんばっている」し、「だけどうまくいかないこともある」し、「自分の不足な部分を自覚している」し、「なんとか改善したいと思っている」し、「まだまだがんばるぞ!(やる気に満ちている自分)」というような内容で、自分の不手際で迷惑をかけてしまっている人がSNS上にいてその文章を読まれることを前提に書いているのがなんとなく見え透いている。つまり公開イイワケなのではないだろうかと。
そういう人はそれで満たされるとその書き込みはたいてい削除するので、タイムラインを見るとうまくいったことだけが並んでいる。

モヤモヤしながらも怖いもの見たさでつい読んでしまうんだけど、それに対して乗っかる人たちというのもまたいるわけで。
上記のような公開イイワケに対して「頑張ってるの見ててわかるよ!」みたいな慰めや「こうこうしたらもっとよくなるよ」等の助言など、そういう(空虚な)頑張るぞ発言を見守ってる姿勢で元気な若者を応援しているみたいな立ち位置を作る大人というのも一種いるのだった。(どうせそのコメントも投稿ごと削除されてしまうわけだけど)

公開イイワケはそんな味方がどんどこ乗っかってくるので甘えやすいだろうし、自分が直接被害を被っていない限りは応援してる態で甘やかす方も気持ちが良さそうで、感心するぐらいに毎回うまいこと成り立ってる。私は投稿したものを頻繁に削除していく人は全般的にあまり信用ができないんだけどね。

それでもこうやって人の嫌な部分がチラ見えするので結局SNSはおもしろいと思ってしまう。

2 comments

  1. 人の甘えが嫌い=人の弱さが嫌い=自分の弱さが嫌い=強く在りたい=弱さ 

    強がる人間は特に弱い 思考が閉鎖的な分甘えつつ生きてる人より質悪い

  2. あ さん。
    弱さを魅力にできたり、甘え方の才能がある人は羨ましいです。
    私は自分に余裕がないので、甘えられる側としての才能もありません。

Leave a comment

このページのTOPへ