Painter 野嶋奈央子 Naoko Nojima Blog > 2017 > 10月

10月, 2017


10
10月 17

来週からグループ展が始まります

梶井基次郎の『檸檬』を初めて読んだのは学生時代の国語の授業で、檸檬の温度感や質量や発色の描写部分はずっと鮮明に私の中に残っていた。

今回のグループ展は『檸檬は爆発の時を待っている』というテーマの元に、過去に働いていたギャラリーカフェで、それぞれある時期に働いていたメンバーたちのグループ展示。

https://www.art-eat.com/event/10th/

このテーマを与えられて久しぶりに檸檬の文庫を出してみた。読んだ当時、まだ自分が絵を描くことになるなんてわかっていなかった頃と、今現在の自分と、その2つの時間軸が歪んで絡みあった気がした。
祈る様な気持ちと軽い悪戯心で仕掛けられた、ごく普通の檸檬。
その檸檬が長い年月を経て私の目の前に現れた時、その変わらずそこに在る姿に自分を重ねた。

爆発できなかった、期待に反して爆発はできなかった。むしろ、そりゃ普通の檸檬が爆発しないよな、と、つまらん現実的な自分が今はいる。さしてドラマチックで面白いことなど滅多に起こらない事を知ってしまった。もうずーっと何も起きない日常のなか、悶々としながら日常的に日常を送っている。

結局、主人公が檸檬に託した悶々は、時空を超えても今の私の悶々となにも変わらなかったのだ。

そんな気持ちで今回の絵を描いたけど、決して後ろ向きでもない。自分を爆発からしばりつけていたものが自分の一部になってまとわりついている。私が必死に深刻ぶっても、それ自体はわりと間抜けでアクセサリーみたいに自分を飾って演出している。

この必死で間抜けな深刻にしばられてる姿が今の私なのだ。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『檸檬は爆発の時を待っている」

日程:2017.10.20(金)〜11.15(水)

- 火・水・木 12:00~19:00
- 金・土 12:00~21:00(20日は17時close)
- 日・月・祝休廊
- 最終日17:00まで

【★Bar檸檬】…期間限定でBAR営業があります
会期中の 金・土 18:00-22:00 (20日はのぞく)
(10/27、11/4、11/11はBar檸檬にて佐々木諒によるパフォーマンスあります!)

レバノンワインやアラック、オリジナルカクテルなどのアルコール類、タパスのご用意があるようです!

 


10
10月 17

あなたってなに?

自己紹介が苦手。それは多分、いつも私には「私(仮)」という意識がついているからだろうなと気づいたのは数年前。

その頃は実際に無職期間中で「(仮)」な状況だったので、自己紹介する場に出るたびもやもやしていた。

先日仕事先の常連さんに「あなたってなんなの?」と唐突に聞かれて「うーん、、、なんでしょうね」と答えた。恐らくわかりやすく言えば「画家(仮)」でデザインの仕事もするので「デザイナー(仮)」と言ってもいいかもしれないし、お店に立ってるから「接客業(仮)」みたいなものだとも言える。
この人、ホントのところなにやってる人なんだろう?と思われることは時々あるみたいだけど、自分でも確定しないままいつも頭の上に「(仮)」を乗っけて暮らしている。

昔からよく「○○さんの奥さん」とか「○○のお母さん」言われるのが嫌で、私は私よ!みたいな主婦の嘆きも聞くけど、未婚なのでそれすら無い。
デザイナーと言っても、素人なのになんとなくフリーで知人に頼まれたデザインしてお金もらって「フリーランスのデザイナーです!」って言えちゃう人もいるし、1度や2度勢いでグループ展でもやれば「アーティストです!」ってなっちゃうので、その流れでいけば「アーティスト」で「デザイナー」でもある。

また他の常連さんからは「○○はここでやってるの?」と聞かれて「もちろん!私は○○屋ですよ!」と答えたら、あなたは○○屋というより芸術家だと思っていたので…なんて言われてしまったり。

私から「(仮)」が取れる日は来るのか。

このページのTOPへ