Painter 野嶋奈央子 Naoko Nojima Blog > 2016 > 5月

5月, 2016


18
5月 16

さいきん近頃もろもろ徒然

長らく書かずにおりました。
私は相変らず。書かず(描かず)にも生きていけるのだからしかたがない。

ためておいてもしょうがないので、最近の(思った)ことなどサックリ書いてみようかと。
【交差点について(引っ越しのことと。)】「交差点は哲学だ」と、大学の授業で教授が言ったのを時々思い出す。授業を必要単位以上に受けていたけど、進んで聞きにいきたい授業はほとんどなくて、それは数少ない好きな授業のひとつだった。いつものことながら言葉の印象は覚えているのに内容なんか忘れてる私。なんで交差点が哲学だったのか。

最近10数年ぶりに引っ越しをした。徒歩1分以内の近所で、交差点のあっち3件目からこっち2件目の物件へ近距離引越し。交差点を渡っただけで色々な事が変わる。1分程度のはずなのに駅がぐっと近づいた(気がする)。狭い部屋での暮らしが当然だったけど、少し広くなっただけで驚くほど日常がスムーズになった。アトリエを借りられない時期(むしろほとんどそう)はその狭いワンルームの中で制作をしていたけど、もちろん制作スペースも確保した。多少の無理をしていてもそれに気づかなければそれは「普通」であって、私の場合はいつも環境が変わってからやっとそれまで少し無理をしていたことに気づくのだ。環境って大事ですねという話し。

ちなみにこの交差点、私が引っ越してきた頃はまだずっと交差点になりそうなまま放置されていた工事途中の道路だったのが、この数年で川向こうへ向かう大きな橋に繋がる交差点になった。同じ道のはずなのに、交差点が出来上がってからの方が、月がきれいに見える(気がする)。

【反・断捨離(引っ越しのことの続きでもある。)】さて、10数年ぶりの引っ越しとなると、荷物の整理がそれはもう大変で。そういう話しをすると「自分がいかに無駄なものばかり溜めて暮らしていたかがわかるよね」なんてことを意味深げに言われたりする訳だけど、近年の断捨離ブームが嫌だな、とひねくれ者の私は片付けているうちに徐々に思い始めたわけです。

無駄なものも勿論あるけど、無用だけど自分がとっておきたかった(筈の)モノを捨てていくことって寂しいよ。本当に用途があって必要なものばかりあれば満たされるのだろうかと。で、気づいたら、なるべく捨てない方へとシフトしていました。いつか誰かに「これこれ見て見て」と、自分でも何故かわからず集めてしまったどうでもいい(けどとっておきたかった)モノたちを見せる時が来るかもしれないし、自分でも忘れた過去の自分の執着に再会するのもいいし。スタイリッシュでモノの少ない部屋をお披露目するのもいいのだろうけどね〜

 

そんな感じで私はやっぱり元気です!
今年は、11月に久しぶりの個展を予定しています。

このページのTOPへ