Painter 野嶋奈央子 Naoko Nojima Blog > 2015 > 7月

7月, 2015


21
7月 15

衝動とは違う

私は、通常に他人(ひと)がどうでもいいと思う様な正にどうでもいい感情を、そのつまらない感情をただ単に過剰な自己愛でなるべく大事にとっておきたいがためになんとなく言葉にして、その言葉という形にして残したいというような感情、つまりは結果ただの感情でしかないものを言葉に残しているだけなのだと思う。スッキリしたいだけ。言葉にするとスッキリするだけ。たいした意味は無い。それでもここのところ、その「たいした意味のない」作業すら出来なくなっていた、というかしなくなっていた、久しぶりのこのブログ。

決定的な何かがある訳ではなく、色々な細かい理由がたまたま溜まって積み重なると、たいていの事態は滞る。こういうどうってこない細かい積み重ねが、どんなことでも最終的に決定的な結果を招く。大きな事件よりも小さな積み重ね、それが1番こわい。

なんて言ったところで、このブログは仕事でも任務でも何もなく自分のためのものなので、決定的な結果なんてものはない。強いて言えば、このブログを中心に私を解釈していた人にとってはイキナリ途切れたこのブログに何か意味を見いだしたり、私の日常に心配をしたり、そういう程度のもの。

私の身辺で同年代でいまだ作品を作り続けている人というのは、だいたいが本気で「作品を作る生活を中心に生きて行きたい人」だったりはする。私のその気持ちが無いといえば完全に嘘だけど、私にとっては辛い日常が制作の大事な糧なので、そこを否定したり排除はできない。毎日の小さなクヨクヨや、美しい風景や小さな花が咲いたことなんかにいちいち感動しながらもその感動に比べればどうでもいい(と内心思いながらこなす)仕事が、というかその仕事も、嫌いじゃないし結局すごく大事なんだと思う。だから頑張る。

衝動で描いてる!みたいな発言したいけど、衝動が起きても明日の生活や仕事の事を考える自分が、そのリアルさがそれはそれで好きだと思う。そういうのを作家としては中途半端だと思われたり、衝動で描く事が大事だと思ったり、制作よりも仕事に向かうことが作家にとってヤル気が無いと見なされたり、それはそれでいいとも思う。でも私は、どういうスタンスであれ絶対に一生制作活動は続けるし、学生時代に学内展示の時に顔見知り程度の人が「あなたは一生描いていてください」みたいなもしかすると軽い気持ちで書いたコメントを時折思い出してはふんばるような案外素直な、でも、すごく捻くれて片寄った人間です。

で、久々のこのブログでナニを言いたいかというと、私は相変わらず(人一倍捻くれてるし、絵は絶対一生続けるし、仕事も頑張ってるし)元気ですということ。

梅雨は明けたけど毎日暑くて嫌だね。

このページのTOPへ