Painter 野嶋奈央子 Naoko Nojima Blog > 2014 > 10月 > 07

10月 7th, 2014


7
10月 14

いつも救ってくれてありがとう

私にとっての制作は、どんどん溜まるモヤモヤの消化不良を起こさないためで、社会的な何かとか美術史的な要素は実はあまり気にしていない。制作活動をするにあたってそういう要素が大事なのは知っているけど、自分にとっての制作は、細かいことに一喜一憂し、くだらないことにいちいち憂鬱になり、人一倍捻くれて歪んだ自分がこの社会に適合するためのリハビリみたいなものなので仕方がない。
絵を描いていれば、そういう自分の面倒な部分を愛することもできるし、鈍感にヘラヘラ楽しそうに生きてる人たちよりもよっぽど幸せだと思えたりもする。
今年は全然制作ができていなくて、時々消化不良を起こして鬱屈とする瞬間が増えている。そういう時はとにかく眠るに限る。昔みたいにお酒に逃げる事もなくなって睡眠で解消できるなんてずいぶん健康だなとも思うけど、大人になってどんどん鈍くなってるのかなあとも思う。

最近バイト先が異動になって環境が変わった。どこでも、いいところもあれば嫌なこともある。今の勤務先は嫌な意味の孤独感を感じる時間が増えた。前のお店では色々あっても周りに親切な人がいて、実はすごく助けられてたと思う。嫌な事があっても隣のお店の人が愚痴を聞いてくれて、愚痴を聞いてくれた後にたいてい凹んでる私にお菓子をくれた。普段あまり甘いものを食べない私も、そういう時のお菓子の甘さはくさくさした心を救ってくれた。本人はたいしたことではないと思っている事でも、他人にとってはすごい救いになったりする事もある。そういう時の救われた気持ちを、他の人や違う形でも返していきたいものだけど、自分のことで精一杯な私にはなかなかできない。

今は職場で辛くなると、自分のために自分で甘いものを買ってから休憩室へ向かっている。

20141007-124842.jpg

↑ネットでの拾いものナノダ。

このページのTOPへ