Painter 野嶋奈央子 Naoko Nojima Blog > 2014 > 9月

9月, 2014


8
9月 14

この瞬間は続くと!

大人になって経験値が増えてきて、イイ事もいっぱいあるけど、希望を持つことを最初から放棄したりやたらと現実的になってしまうのは寂しいことだと思う時もある。
私は(というか誰でもそうなのかもしれないけれど)しつこいぐらいの人間不信な部分があって、自分でもそれが面倒臭くもなるし、それによって自分で自分を苦しめてるのも知っている。それでも、ただ無邪気に能天気に信じるということに抵抗はある。
だけどもそんな私でも信じようと思う人(コト)は勿論あるわけで、結局は信じるとか信じないじゃなくて、信じたいと思える相手かどうか、そこが一番大事なことなんじゃないかと思っている。
永遠なんてないとかわかっていても、この瞬間が続くと信じたかったり、その瞬間の真実は私の中で永遠に真実ならば、それでいいんじゃないかと思う。

◉2010年展示のテキスト

高校時代、帰り道、夕方から夜に変ろうとする蒼い時間。
薄明かりの中で自転車を止めて、1人でスプリンクラーを眺めるのが好きだった。
パルプ工場、整然と積まれて並ぶ木材の頂点で、それはボンヤリまわっている。
シュウイッ、シュウイッと、鋭いのにまどろっこしい音と、
割と正確な弧を描いて飛び散る細い水は、
頰の同じ道筋をひたすらに流れ続ける涙みたいで、
私は、その泣いている姿を影からひっそりのぞいているような気がしてきて、
なんとなく眼が離せなかった。
そんな特別な光景は、瞬間に切り取られ、すぐさま色をつけていく。
それからトンッと一瞬だけ静止して、たらたらと溶け出し、
どこか次の光景にむかうのだと思う。
あんなに好きだったものを忘れてしまう時が来るように、
仕方なく、でも確実に行われる作業のようなものなのだと思う。
その秘密の仕組みに、私は気づいている。

20140908-125058.jpg

このページのTOPへ