Painter 野嶋奈央子 Naoko Nojima Blog > 2014 > 1月

1月, 2014


19
1月 14

幸せとは鈍くなるということ

年末年始はいつもブログで反省や豊富を書いたりするのに、今回はすっかりブログ離れしていました。気づいたらもう今年も半月が過ぎています。相変らず月日の経つのが早過ぎて、ちょっと前の瞬間やずいぶん先のことを考えては、気が重くなります。そして、去年の今頃のできことを、最近はよく思い出してしまいます。

いつだったかふと思ったことなのだけど、無邪気に心配事も無く「幸せ〜♪」みたいな感覚って、鈍くなる事かもなぁと思ったりします。例えば好きなものや人、興味があるものや人に対しては、どうしてもあれやこれや想像して考えていて、想いが強いとそういう想いがふわふわとした妄想止まりではなくリアルな方向にガンガン進んでしまうので悪いことも過ったりして。例えば信じようとする気持ちが強い程に逆に信じられない部分が濃く見えてしまったり、大事だと思う事が大事だと思う程に重くなってきたり。

そうこうしているうちに、きっとそうした強い想いから一歩引いてちょっと鈍く無邪気に何も考えず、いいところだけ見て嫌なことはいっさい想像せず、心地よいことことばかりを反芻する、、、そっちの方が幸福感は得られるのかも?と思うのです。

でもこれって、やっぱり私がひねくれているんだろうか。。。

私の考える幸せは、もうちょっとぶつかってく感じだったり、抵抗感を得られる感じです。辛いけど、疲れるけど、ただゆるゆるふわふわと一見特に問題もなく(感じるような)、一見滞り無く(見えるように)流れていくような、そんなものにはたぶんすぐに飽きてしまうのです。鈍く何も心配せずにただ信じるよりも、心配だらけで辛いけどそれでも信じてみるという感覚の方が、ずっと愛や覚悟を感じます。

歳をとるにつれ、後悔したくないという気持ちも強くなりました。とはいえ私の性格上は相変らず優柔不断な事の方が多いのですが。こんな私が絶対に!と確信を持つ事なんか、人生においてそう何度もあることではないのです。

今年はちょっとだけ優柔不断を優柔決断に持っていきたいなあと、そんな風に考えている年明けです。

このページのTOPへ