Painter 野嶋奈央子 Naoko Nojima Blog > 2013 > 6月 > 09

6月 9th, 2013


9
6月 13

しつこさと距離感

私は自分をしつこい人間だと思うしすぐに頭が一杯になるけれど、その一方で完全にのめり込む程の持続力のない飽きっぽさもあるのでそういう意味では何に対しても距離感があるような気もしている。

絵を続けているのはそのしつこさのせいもあると思う。

美大時代の同級生はもうずいぶん絵を止めてしまっていて、続けている方が珍しいぐらいだ。それでも一時期止めたところからまた戻ってくる人もいるので、スポーツなんかとは違って再開できる可能性があるのはいいことだと思う。(もちろん復帰の精神力体力はかなり必要だけど。)

勿論売れているから続けている人も一部いるし、実家暮らしや生活が多少安定した環境の中で続けられている人もいるけれど、私のようなポジションで続けているとなると更に少なくなる。歳とともにそろそろやめようかと過るスパンも昔より短くなった気もするし、そこから這い上がるとやっぱりしばらく止められないなということにもなる。

浪人が長かったので予備校時代から絵を描く事や美術からイチ抜けしていく人をずいぶん見てきた。多浪してから美大に入って正直な第一印象は、予備校の方がレベルが高かったということ。完全に私の主観だし学校にもよるとは思うけど。自分もよくしつこく多浪したなとは思ったけれど、受験で脱落して描かなくなっていく人の中にもたくさんの可能性があった。続けることこそ才能だなんてこともよく聞くけれども、そういうことならばしつこい私にはわりと才能があるようだ。

美大の同級生の結婚式なんかで久々に皆と再会すると、まだ描いてるなんてエラいみたいにしみじみ言われたりするし、久々にFacebookで再会した予備校の同級生にも続けてるのを知って嬉しかったとか応援しているとか、そんな風に言われる。逆に作家活動としては描いていないけど時々絵は描きたくなって描くよなんて話を聞くと、こっちこそ勇気づけられたりもする。

私の制作活動は生活とごちゃ混ぜで、結果的には生活無しには作品が生まれない。すごく自意識過剰だったりもするけれど、生活がある以上は自意識だけにも偏れない。日々を真っ当に送るという当たり前の事をしなければいけないし、そこに対する執着も案外あったりするので、自然と制作との距離感ができるのだと思う。

しつこさと距離感のどちらもあって、なんとなくバランスがとれている気はしている。

20130610-031044.jpg

このページのTOPへ