Painter 野嶋奈央子 Naoko Nojima Blog > 2013 > 1月

1月, 2013


25
1月 13

明けてすぐに日常が始まる

あけましておめでとうございます。
年末年始ばたばたしていたら1月もあっという間に後半です。歳をとるごとに年月が経つのが早い早いと思う訳ですが、実はこの1月の前半が1年で1番早いような気がします。

年末年始は北海道で過ごしました。 大晦日の夜中は、いつも友達と初詣に行きます。

とにかく寒くてぶるぶるしながら並んで、お神酒もらったりちゃんこ(北海道らしく鮭やカボチャ団子入り!)もらったり甘酒もらったりで寒さをしのいで、おみくじひいてきゃーきゃー言いながらサクッと終えるのですが、いつも車で連れてってくれる友達が結婚して引っ越すので、この寒い中での初詣ももうさいごだろうなと。

(↓とにかく寒いので皆なんとなく火の周りにあつまっている)

東京に戻る日は豪雪被害で大変でした。
私の記憶の中でもあそこまでの被害は無かったように思います。。。
ここ数年で自然災害の影響で困ることは増えてけど、なんとなく気持ち的には災害慣れしてきてる自分もいる一方で、
そういう時に自分がする選択が正しいのかなかなか難しいなといつも思います。

復旧を待つのがいいのか諦めるのがいいのか、他の手で先回り するべきか、なんとなく試されてる気分になりながら、自分で方法をえらぶわけですが。復旧待ちは1日がかりだったけど、食べたいけどいつも食べそびれているラーメンが食べられたり、カフェでのんびりラフスケッチできたりで普段セッカチな私にはないイイ時間も過ごせました。

(↓除雪がおいつかずに2車線の道路は1車線。従業員が会社に辿り着けないため、タクシーもバスも動かない状況。)

さて東京に戻ると、先ず最初に電車内が暑いわぁーと思いますね。重ね着してたものを脱いで、帰り道のコンクリの乾いた道に違和感を感じて歩きながらまた1年東京の生活が続くんだと考えて、そのうちにやっぱり寒くなってきて見慣れた風景にも違和感が無くなって、その体感温度の感覚と同時に東京の生活に戻って行く感じがします。

今年はすべりだし変な感じだったけど、なんとなくいい年になる予感。
というか、珍しく、いい年にするぞなんて思っている。やりたいこともいあっぱいある!

このページのTOPへ