Painter 野嶋奈央子 Naoko Nojima Blog > 2012

2012


5
7月 12

選択

 

 

私は選択するのが苦手だ。
悪く言えば優柔不断なんだろうけど、世の中に絶対こっちがいいという事はそんなにない様な気がしてる。(仕事の場合は別。)
そんな事言いながらも実生活では後悔することばかりだけれど、過ぎた事をあれこれ考えても全部想定でしかない訳で。
正しい事ばかりが正しい訳でもないし、その瞬間に出た結果だけがその先の結果でもないという体験も歳とともに増えた気がする。
自分の場合は決められないというのが後ろ向きな意味ではなくて、ワタシどっちでも受け入れますよみたいな気持ちに近い。

といってもそこは全然柔らかーい感じではなくて。
短気ですぐに感情的になるのでその瞬間はたぶん何にも受け入れてないんだけど、
その後ゆっくりと1つずつ順番に受け入れていく感じかなあ。

そんな私にも、今年に入ってからは、小さなことで仕方なく選択させられる場面に出くわす事が続いた。
例えば選択したつもりがなくても、選んだ後にすぐもう一方が現れて結果選ばされてしまっていたり、運命の悪戯のような事が起きるから人生は不思議なんだよね。

そういえば、展示をいつも必ず作品を見てくれる方から
「あなたは優柔不断なんだから、優柔不断な絵を描きなさいよもっと。」
って言われたっけ。

広ーい心で優柔不断。ワタシたいてい何でも受け入れますよ。

 

 

 


4
7月 12

割り込み

他人の思い出に勝手に割り込む。

最近の旅は、そういう思い出作り。

写真が嫌いなので、ちょっと反れて写らないようにしたり顔の一部を隠したりするし、
それに大抵どこでも1人で行けてしまう私には、
人と共有する思い出が極端に少ない気がしていたから。

思い出といっても、
えーと、あの時たしか誰か一緒に行った人いたよね?
という程度でかまわないんだよ。

 

しかるべき時にしかるべき場所に行って、
運命のいたずらまみれで、色んな事を思う。
そんな日々。

 


23
5月 12

遠出

実は5月から、生活ががらっと変わった。
美大を卒業してから約10年。意図せず節目?
働いていると腰が重くてなかなかちょっとした遠出が出来なかったから、
何かを取り戻すべく、人に便乗してちょっとした遠出をしてみてる。
体でも心でもどちらでもいいけど遠くに行くことは、
現実逃避のようで現実直視になる場合があって、結局戻る場所は知っている。

 

  

 


23
5月 12

花と白い壁

花や植物が好きだけれど、すぐに枯らせてしまう。
狭いワンルームの湿度と、自分が世話をしすぎるせいみたい。

よそのうちの庭もちらっと見る。
その家の人の様子が少しみえる。

 

  


23
5月 12

春が来て桜が咲いて桜が散って初夏のにおい。
花が咲いて花が散って空が青くていつもの5月。

  

このページのTOPへ