Painter 野嶋奈央子 Naoko Nojima Blog > 2012 > 10月 > 01

10月 1st, 2012


1
10月 12

体感的色選択

油絵具が大好きです。質感も色も。
私は、とにかく慣れて馴染んで、自分のものにして使いこなす感じでないと作っていけないタイプなので、ダンボールにでも板にでもクレヨンでもペンでも描いちゃうみたいな人とは違って 、そこのところはすごーく不自由な絵描きです。

浪人時代に苦労したことの1つに、デッサンと油絵の違いがあります。
当時私は描写することも好きだったし、木炭や鉛筆の質感やグレートーンの色調を味わいながら描くのが好きでデッサンには自信があったのですが、油絵への苦手意識が強くてそこが克服できずに違和感を感じてたのです。

それって後から思うと当然で、全然違う材料で描くならば描き方も変わっていいわけです。
画材によって描き方が変われば画風も得意なモチーフが違ったりするのも当然といえば当然。
なのに、油絵とデッサンが1セットという受験の流れに混乱して、勝手に不自由になっていたのだと思います。

さて、私が作品で多用する蛍光ピンク。
色としてはインパクトもあり、確か浪人時代には蛍光色はまだ新鮮な色だったと思います。
ピンクはフェミニンな印象を与えてしまうので、そんなつもりは無くても色で「かわいい絵だね〜」なんて言われる事もあります。(ちなみに私の絵はエグいや怖いの感想も時々聞くので、見る人によって印象って全然違う!)

この色は勿論好きな色でもあるのですが、使う理由は断然使い易さです。
色の使い易さというのは、はてどんなものか?と。
例えば、抽象画など描くときやデザイン的な作業をする際に、困った時にバスッと強い色や濃い色を置くと画面が引き締まります。
私はそういう色の置き方は好まないので、そういう色の選び方はしません。

この蛍光ピンクは質感的にとても使いやすいのです。
私の作品で近年どんどん面積的に増えてきた「垂れ」と「細い線」を描く際に最も描きやすい質感がこの色なのです。
似た様な透明度や粘度の他の絵具を探しているのですが、なかなか同じような形に垂れたり同じ太さの線が引ける絵具が見つかりません。それほどに油絵具は質感の違いがあります。
そして私は油絵具のそこが好きなのだと思います。

そんな感じでどの色も、色の重ね方や使い方にも、自分なりの必然性を持たせるように気をつけています。勿論それがすべてでもないので、もっと自由な 部分もありますが。。。
なので結果的に使う色が決まってきてしまうのも、色彩的な好みだけではないわけです。

そういえば昔TVで見たのですが、目が不自由なのに写実の絵を描く画家が出ていました。
彼女は絵具を指で触るとその触り心地で色がわかるというのです。

絵を描くことは筆を使ったり目を使ったりしている作業だけど、私も絵具とキャンバスを直接触っているような感覚でいつも描いています。
色選びも体感型なのです。

このページのTOPへ