Painter 野嶋奈央子 Naoko Nojima Blog > 2012 > 8月

8月, 2012


30
8月 12

ひっそり存在する本屋の話

 

隣駅の商店街に大好きな本屋がある。
大型の本屋さんの新書がどばっと山積みな感じもワクワクして好きなんだけれど、
この本屋さんはどこの商店街にもひっそりあるような昔ながらの小さな本屋さんで、
いつも手編みの帽子をかぶったおばあちゃんが店番をしている。

このお店の好きなところは、
このおばあちゃんと、
置いてある本の種類と、
オリジナルのデザインがプリントされたブックカバーと、時々おばあちゃんがくれる手編みのしおり。

置いてある本は新しいものも相当に古いものもあって(私が生まれる前の本も!)
古本ではないのに古本屋でしかみかけないのではないかという色あせた味のある本が置いてあるので、その中で掘り出し物を探すのはなかなか楽しい。
文庫本の並びを見てもこのお店の好みを感じる品揃えなので、人の家の本棚をのぞいてるようで面白い。
たぶん一般の大型書店は売れるものをシッカリ選んで並べる訳で、だからこういう品揃えはなかなか見かけないもん。

おばあちゃんは編み物で残った毛糸を使ってかわいいお花のしおりを編んでいて、
その色合いがまた素晴らしく素敵で、本を買うとそのしおりを時々くれる。
そして買った本をみて、お会計をしながら何かしらのお喋りをする。
手塚治虫の漫画を買った時には
「今の日本を見たらどう思うでしょうね。原発の問題だとか、手塚治虫が生きてたらどんな漫画を描いたでしょうね。」と言っていた。

時々しか行かないけれど行くたびに本が少なくなってる様な気がして、
いつかこの本屋さんがなくなったらどうしようと勝手に不安な気持ちになるけれど。
でもそれとは逆に、
少なくなってあいた本棚スペースにカワイイ飾り付けがされていて、
それはそれで楽しみだったりもする。

便利で頻繁に使うお店と、時々しか行かない大事なお店と。
商売として考えると私の感傷的な気持ちなんてとっても勝手なんだけれども、
でも私が普段から描きたいと思っている絵は、
きっと便利な大型店ではなくてこういう小さな本屋さんみたいな世界なんだろうなと思う。


28
8月 12

たまがわ

ときどき、たまがわへいく。

くもりぞらの たまがわの切なさも なかなかいいよ。

きれいなのは、青空のまぶしい風景だけじゃない。

 


21
8月 12

むかしむかし

今年の夏も暑い。
残暑がほんとーに残暑。

 

働いているとなかなか帰省するのも難しい。
ここ数年はお正月に帰省しているけど卒業してしばらくはそれも難しかったし、
ましてやお盆やGWの帰省は無し。
実家が遠いとしかたない。

それでも今年は久しぶりに夏に帰省。
夏の北海道はいつぶり?
今回は帰る時間があったからでもあるけど、
高校の同窓会もあるので久々に帰ろうと決めた。

高校時代の私はどんなだったのか、、、
自分の思っている想像と自分の持たれている印象は同じなのかな?
卒業アルバムで私は、
頭にカエルの人形を乗せて、首元のパーカーの(私服の学校だったので)ヒモにはシンバルを持ったお猿を結んでる。
だけどそんな事をするようなお調子者ポジションではなかったはずだし、
むしろかなり鬱屈として静かに過ごしていた高校時代。
どんな気持ちでそれをやったのか今では全然思い出せない。
覚えているのは、アルバムが出来上がった時に親から「なにこれ!?」って言われたことぐらい。

久々の同窓会には100名を超える人。
みんな変わってなかったし、私も変わってないねと言われるし、
友達とくだらない話をして笑ってる内容なんて、
変な落書きして授業中にまわしてた手紙となんにも変わらない。

それでも私は大人になってしまった。
なんにも変わってない筈なのに、変わらなきゃいけないと思ったり変わろうとするのがたぶん大人なのだ。

でも、それは 別に切ないことでもないし、
今は今で、実はそれなりに楽しくて、アンニュイなふりしててもけっこう充実している。
それでいいじゃないか。

 

 

 

 


21
8月 12

光と空と

北海道の夏は、空が青くて、木々が緑で、空気は透き通ってたよ。
このページのTOPへ