トップページ > Painter 野嶋奈央子 Naoko Nojima Blog > 制作メモ > みつあみを持つ女の短い話

みつあみを持つ女の短い話

みつあみの話の、おまけ。

 

私は邦楽のバンドの音楽が大好きだった。

自分が成長するに従って、好きだったバンドは解散したり、メンバーが亡くなったりすることがたびたび起こるようになる。
20代で亡くなってしまった、昔好きだったバンドのボーカルは、長い黒髪で1本のみつあみをしていた。
みつあみは彼女の体の一部のように蛇みたいにしっぽみたいに、彼女の動きに合わせて動き回っていた。
男の観客ばかりが暴れまわる激しいライブばかりするバンドで、華奢な彼女はみつあみをブンブンと振り回して歌っていた。
彼女は結婚して出産の頃に髪を切り、みつあみをやめる。
それから間もなく、謎のまま亡くなった。
いまでも、彼女の曲を聴いてを彼女を思い出すときは、しっぽみたいなみつあみを思う。
私は大好きだった歌手や女優が亡くなった歳に追い付くたびに、彼や彼女たちに比べて今までの自分はどんなものかを考えると、やっぱり少し落胆する。
だけれどそこでの救いは、私は彼らよりも長く生きて、長く時間を使えることだとも気づく。

2 comments

  1. 奈央子、元気?

    旭川はいい天気だよ!

Leave a comment

このページのTOPへ