Painter 野嶋奈央子 Naoko Nojima Blog > 2010 > 11月 > 13

11月 13th, 2010


13
11月 10

雪国思考

ロシア映画や寒い国の映画を見ると、何か胸の辺りでホワッとやってくるものがある。
たぶん、寒い空気の肌触りが感覚的にわかってしまうからだと思う。

私にとって、北国の環境がもたらしたものはハッキリとあると思うし、
それを意識する瞬間がけっこうあったりする。

それはまた追々書くとして、 そろそろ年末年始の帰省の予定を立てなきゃ。
寒いのは苦手だけど、雪景色の物悲しさと雪が音を吸収しちゃう感覚はいつも懐かしいの。


13
11月 10

さくらんしてる

どうも描き出しが苦手だ。
大きな作品は特に緊張するし、滑り出しはもたついてしまう。

私の絵はわかりずらいって言われる事が多くて、
タイトルも長くて言葉が多いくせに意味がわかんなかったり、
説明のテキストも作品に何か関係あるのか?みたいな感じだったりするらしい。

私の中では全部ちゃんと結びついて、むしろ説明し過ぎ?とか、随分おしゃべりだなーとか思うんだけど。
たいていは写真を見たり、実際の出来事と結びつけて、かなり自分の日常的な内容で構成して描いてるわけです。

親知らずが痛くて仕方ない時には親知らずを描いちゃうぐらいで、
だからって親知らず自体が大事な訳でもなかったりして、何か別の事柄を象徴してる気がしたり他の事象に結びつけて考えてしまったりもするし、けどでも親知らずの形は面白かったりして。

結局は思考とか記憶とかって曖昧で、筋道だって半分思い込みで通していて、たいてい錯乱してることが多いと思うのです。
私だけなのか…?
とりあえずはその錯乱した状態をソノママ 、曖昧は曖昧のママ、そんな”アヤフヤ”の形をキャンバス上で手を動かしながら探すのが好きなのです。

人って思い込みが強くて、色んなことを決めつけながら生きている気がするのです。

このページのTOPへ