トップページ > Painter 野嶋奈央子 Naoko Nojima Blog

06
6月 20

表現と日常

あー日常の強さたるや!と私は度々言っている。
それはいろんな場面で思うのだけど、最初に強く感じたのは震災の時。ずっと揺れているような感覚やそれまで見えなかった世の中の嫌な部分が見えてしまって一日中もやもやそわそわと過ごしているつもりでも、どうでもいいような小さなストレスに負けてしまったりたかが10円高い自販機に引っかかったりそういう「日常」の強さに自分の中の繊細さが負けた時になんとも言えない悔しい気持ちと諦めとで、あー結局は日常の強さ!!って叫びたくなるのだった。

普段から絵を描くことでは生活ができない私は1日の大半が労働時間で、繁忙期には通勤時間も長いので半日以上家にいない。帰っても寝るだけみたいな生活の中でもなんとか絵を描く時間と体力を絞り出してぐいっと作品の中に入り込み、そのうち作品の内面で浸りながら気持ち良く描ける時間が訪れる。休日にはそういう時間が多くなるのでそうしていると明日から仕事なんて無理だ、、、と完全に現実から遠いところへ来てしまった気持ちになるんだけど、それでも朝起きると無心で淡々と支度をして満員電車に乗って仕事へ向かう。職場に着けば目の前のことを片っ端からこなしていくことや次々とやって来るストレスでつい数時間前の夢のような時間のことは薄らいでしまう。あー日常の強さって!

そうして今、コロナ感染症のせいでもうずーっと仕事のことも健康のこともすべてに不安で過ごしているはずなのに、同時進行で毎日「毎日」がやって来て「日常」に覆われていくんだもん。仕事の時間を短縮したところで接客をすれば嫌なお客さんも来るしPCを使えば突然フリーズするし、予定外の問題も出てくるし、そうやって意図せず日常に手も足も取られて身動きもできなくなっていく。

それでも絵を描くときには、拘束を強引に解いて無理やり日常を脱ぎ捨てて個の世界に入り込んでいく。表現と日常を繰り返しながら同時進行で進んで行くことが私にとって強さになればいいとも思っている。


21
4月 20

自粛と自由のあいだ

皆さんはお元気でしょうか。
最近、数年前に突然亡くなった友達が夢に出てきたり、しばらく会ってもいない人のことを思い出したり。そうしてふと「みんなは元気なの?」と思うことで人と繋がっているような気がする。これでいいのだと思う。

もともと浅く広く人付き合いをする方だけど一人が好きだし引きこもってするような趣味ばかりだし一人で絵を描く時間が好きだし、近年はずっと職場も家もひとりだけど不自由は感じない。

自粛生活が始まって普段あまり引きこもらない人や人恋しい人は私が想像するよりも精神的に辛いのだろうなと想像する。でも、最初に書いた「ふと思い出す」ことは表面だけの人付き合いや困ったときだけ自分都合で振り回す人との「人付き合い的なもの」よりもずっと身近に感じたりする。

亡くなった友達のことは思い出しても仕方ないのかもしれないけど、「忘れてしまうこと」と「思い出さないこと」は別なので。時々思い出すと心の中で話しかける。もちろん今だと「今、大変なことになっているよ」と。「あなたならどうしている?」と。その答えが聞こえてきそうな時に、(その人は亡くなっているけど)繋がっているんだと思う。それでいいのだと思う。

自粛生活で自由な時間が多くなったはずなのに自由がないと感じる。だけど、自由にはいつも自由にさせてくれない何かがつきもので、結局目の前をちらつく自由を羨ましく眺めながらも何かに縛られて生きていく方がフツーなのではないかなとも。いろんなことを気に留めて苛立ちを感じ振り回されて生きていくことは、やっぱりどうしても続くのだった。


03
1月 20

去年と今年の境目を超えて(個展振り返り)

去年の個展後にまとめを投稿したかったのに年が明けてしまった。あけましておめでとうございます。大晦日から1日はさんだだけで新年で今年こそはどうしたいとかいきなり区切りをつけるのもバカバカしいと思う反面、そこで過去の自分の不足分をリセットしてしまいたい気持ちもわかる。

去年の個展について、去年の私について。

作品タイトルと作品のバランスについてまだまだ模索中の中、昨年夏の個展の際には最近自分の中で響いている現代「短歌」に影響を受けて、タイトルをすべて短歌の長さに統一した。タイトルを大きく展示したいというのはずっとあったもののそこがまだ煮えきらず、更に展示会場の方針もありタイトルの表示を大きくはできないままとなった。

それでも結果的には同じ長さにしたことで絵画とセットになって見えてくるというか大きさで物理的な主張をしない割に思いの外言葉が目に入るような気もした。モチーフは今までにも描いていた箱や「の」が少しと過去のグループ展からの延長でレモン、新たに貝やゼリーが加わった。
いつもはタイトルの言葉は先にある程度はあるけどゆるい状態で始まり、作品が完成に近づくにつれて徐々にまとまったり作品完成後にまとめたりするのだけど、この個展ではタイトルの短歌を先に作って(場合によっては最後に微調整する程度)その言葉をテーマに絵を描くという進め方をしたのも初めてのこと。

そして何より去年は描くことが今までよりも楽しくて救いになった年でもある。反面仕事は心身共に限界を感じるほどの忙しさで体力に自信のある自分でも残業中に朦朧として知らない間に涙がにじんでるほど辛い時期もあった。そしてその時期と個展前が重なり、今となってはすごーく遠い思い出のようにぼんやりしている。
仕事を無理やり終えてボロボロになって終電近くに帰宅して朦朧としながら真夜中に絵に向かってるうちに毒素が抜けていくような感じだった。どちらかというと描くことが好きでも生活に負けて描き続けることが辛かった方が多いので、制作活動を続けてきて初めて描くことに救われた。

それは続けてきたから味わえたもので以前の自分からは想像もつかなかったわけで。それでもやっぱりふとした時に描いてて意味なんかあるの?って思うこともあるけど。

今年も気持ち良く描き続けられそうな気がする。


15
8月 19

久しぶりのブログと久しぶりに個展

書きたいことも多いけど日常が忙しいと滞り、このブログにも書きかけのまま非公開のテキストが増えてしまった。「なんと日常とは強いことか!」といつも思うわけで、私の些細な想いなんて「日常」が始まってしまえば一瞬で日常に黙殺されているような感じ。

それでも絵は今までになく描いており、それも今までになく楽しく感じている。それも不思議なことに、今までになく仕事が忙しいのに、なのだ。残業してくたくたになって帰宅して0時をまわっても描こうと思うのだから自分でもどうしたんだろうかと思ってしまうぐらいに描くことが楽しい。

描くのが辛い時期の絵はそれはそれで良いものだし、個展で1番苦しんでギリギリまで出さないでおこうと思った絵が一番先に売れたりもするので、
今が楽しく描いているからといって作品がいいというわけでもない。でもそれでいいと思ってる。

自意識が勝ったり、自分で自分の調子をコントロールしてる時の作品を、自分ではあまり魅力を感じない。なんだかちょっと引っかかりながら描いている方が余分なものが付いてきて(邪魔だったりもするけど)嫌いじゃないので。

今は描くのは楽しい分、体力や時間や仕事での精神的な疲れが酷く「日常の私」に関しては限界に近いので、逆に描くこと(が楽しいの)でバランスを取れているのかもしれない。
つまりは安心安定した時期の作品は私にはないのかも?

儘ならない!ということは多いけど、そこで止まったり均したりしないでそこから壊すことを恐れたくない。とまぁ今夜も描いて熱くなっての真夜中なので久しぶりにこんなブログを書いてしまった。

そんな儘ならない日々の中、久しぶりに個展があります。

8.26〜31
11時〜18時30分
*初日は14時〜/最終日は16時まで
新宿歌舞伎町のギャラリー渓にて
○初日夕方17時30分よりギャッラリートークもあります。

これは新宿クリエイターズ・フェスタ2019のイベントと中で行われる個展です。
このイベントに伴い今月から新宿のあちこちで展示やイベントが行われています。

よろしくお願いいたします!

nojimaDMs

 


02
1月 19

目標もなく描く

新年があけました。昨年は特に発表の機会を設けない一年でした。

毎日仕事に明け暮れる生活の中で絵を描き続けることは難しいけれど、ふと描きたくなる瞬間が多かった年でもありました。展示を決めてそれに向けて描くタイプなので、発表の予定がないのに日常的に描くということが実は今まであまりなかったのです。

目標なく描くと、意外な発見が多かったりします。意図しない気づきや、逆方向に行ったおかげで現行が間違いではなかったという確信にたどり着けたりもしたので良いきっかけにもなりました。

以前はそこまで美術展に足を運ぶタイプでもなかったけど、近年は何を探すように音楽のライブや美術展にも行くことも増えました。なんというか油断すると日常生活に埋もれてしまいそうになる感性を奮い立たせるように仕向けるというか、おかげでなのか返って自分に響くことを見つけて感動する感覚も大きくなったような気もします。

最近は電子マネー化が進んで手でお金を数えたり目に見えてお金が減っていくことを感じられないことに少し怖さを感じつつ、便利にはかなわないなぁとも思ったりします。昔のバイト先で、世の中振り込みが主流なのに給料袋でもらっていた時期があって私にはその給料袋を手に取る瞬間の手応えがすごく良かったり。デジタル表記の時計より文字盤の方が時間を感じられたり。私の性格がひねくれているせいで時代と逆行したいだけなのか、アナログ世代が染み付いているのか、なんとなく体感的に感じられないものが苦手なのかもしれません。

そういった電子化や、断捨離や終活といった捨てることや身軽になることがブームの中、やっぱりまだまだしつこく手応えを求める生活をしたいと思うこの頃です。自分にまとわりつく重みを感じられるモノ達をずるずる引きずりながら歩き続ける体力をまだ失いたくないという感じです。

まだ昨年のような発表の機会もなく目標など定めずに描きたい気持ちもあるんだけど、そろそろまた個展でもしようかなというのが今年の気分。さてどうしようか。

そんなわけで今年は実りある制作活動をしたいところです。

このページのTOPへ